読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暴れ者ヘッドロック

 

牛がいるぞ。

黒いタテガミをもうもうとなびかせ、

ロデオさながらに暴れ回る牛。

 

だだっ広い駐車場にはオレとヤツしかおらず

このままではあの鋭い角で突き殺されてしまう。

 

牛はオレに狙いを定め

バタバタと大暴れしながら突進してくるので

慌てて背を向けて逃げるのだが

身を隠す場所もなければ

四方は用水路に囲まれ逃げ場はない。

 

が、

水路沿いのガードレールとガードレールの間に

攻撃の当たらない安全地帯を発見。

 

ホッと胸を撫で下ろし、改めて件の牛を見ると

大勢の人間が組み合わさった珍妙な姿であった。

 

f:id:thousand_one:20170308155414j:plain

こんな感じ。

 

見た目は怖いがとんだ良い人だ

…というワケにはいかなかった。

 

暴れ者! 暴れ者!(あばれもの?)

と騒いだら近所のビルの窓から

赤い柔道着を来た男が飛び出してきて

オレにヘッドロックをかけて

その場から助け出してくれた。

 

なんかバカバカしくなって目が覚める。