読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛びっぱなし

夢で過去に何度か訪れた幹線道路。

全力で走ってピョンとジャンプすると

f:id:thousand_one:20170303170112j:plain

な感じで移動できる技術を習得。

 

こりゃええワイと懐かしい夢の中の町を

あちらこちらと散策することに。

 

確かあっちにひなびたパチンコ屋がある筈。

こっちの方って前に宿泊した宿あったよネ。

シュゴオォと見て回ってると

4部屋ガラス張りのキャンピングカーを発見。

 

なんだこりゃとスルリと着地し、

中を覗きこむとうら若き女性二人が

いやらしい行為を始めようとしていた。

 

わ! うわぁ! 見えてるのに! あんな!

と、慌てて凝視していると

反対側にあるやや見づらい部屋では

同様のいやらし行為が佳境に達しており

わ! うわぁぉ! 見えてるのに! そんな!

 

そちらにこっそり移動しようとしていたら

近隣の住民のオバちゃんに見つかってしまい

居たたまれなくなったため

f:id:thousand_one:20170303170112j:plain

と素知らぬ顔して退散。

 

危ねえ。

スケベな野郎だと思われるところだったぜ。

 

そして地下鉄の駅に向かうエスカレーターで

この移動法は足裏がガンガン角に当たるので

煩わしさにイライラしていたところに

仕事関係の電話がかかり目を覚ます。(寝坊)