読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I wish for...

f:id:thousand_one:20170410150516j:plain

ウチの実家に、あのヴィジュアル系バンドの大御所LUNA SEA

SUGIZO(Gt)、INORAN(Gt)、真矢(Dr)が泊まりに来た。

なんでも明日に控えたライブの為に、早々に休みたいのだという。

 

ンな我侭が通ると思っているのか。

 

しかしINORANは勝手に二階に上がって

押し入れから布団を出して横になり、

SUGIZOは「悪いから」等と言いつつも

コタツの脇で横柄な態度で寝転がり始めた。

 

確かにオレは過去、彼らの音楽を好んで聴いてはいたが

図々しいその態度に憤慨し、何か一言言ってやろう

……と思ったその矢先

茶の間で両親と談笑していた真矢が状況を察し、

急いで階段を駆け上がり二人を叩き起こす。

 

なんでも真矢の話によれば、

RYUICHI(Vo)は潔癖過ぎるため他人の家では寝ない。

J(Ba)は別件で忙しく、来れなかったとのこと。

言い訳ンなってねえよ。

 

***

 

何故か追い出す事に成功し、彼らを駅まで送ることになった。

INORANは話してみるととても気さくで、

先程までの怒りも消え、メンバーで一番

好意的な目で見るようになっていた。

 

INORAN「俺ね、妖怪で一番ぬらりひょんが怖いんだよ」

 

へえ。

確かに不気味だもんね。

ステージに居られたらたまらんもんね。

ギターぬるぬるしちゃったりしてな!

談笑しながら歩いていると、突然INORANはガクガクと震えだし

目と耳を塞いで地ベタにへたり込んで叫びを上げはじめた。

 

INORAN「あーッ! ぬらりひょんが居るよーッ!!」

 

見ると神社の入口にぬらりひょんの石像……ではなく、よく見れば

あぶらすましたんころりん手の目等、主にまるはげ妖怪の石像があった。

 

おい違うぞ落ち突くんだ。

耳を塞いだ彼にオレの声は届かず、

涎をたらして白目を剥き痙攣するばかり。

 

が……なにか様子が変だ!

震えるINORANが段々とGacktへと姿を変えてゆく!

 

オレ「あーッ! あぁーッッ!」

Gackt「あーッ! あぁaーおッッ!」

 

叫ぶ我々を、天狗の石像が冷たく見つめていた。