読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XXの名は。

真暗い夜道に家路を急ぐ。

 

階段だ。

上っているのか下っているのか。

道の両脇にはぼんやりした灯籠。

辛うじて足下が見えるばかり。

階段には一段ごとに

何か文字が書かれていた。

確かに知っているのに読めない文字。

 


前方には同じく帰路の親子。

母の手には買い物袋。

白菜しいたけにーんじん。

きっとこれから楽しい夕食なのだ。

 

無邪気にはしゃぐ男児

階段に書かれている文字を

嬉しそうに読み上げていた。

きっと字が読めるようになったばかり。

 

親子を追い抜き家路を急ぐ。

 

相変わらずはしゃぐ男児

 

「○△△○×○!」

 

「◆×◆○○!」

 

 

子供が字を読み上げる声が聞こえる。

しかしなんと読んでいるか理解できない。

なんと書かれているか読む事ができない。

 

ふと気付く。

 

 

コレは

 

読(呼)んではいけない

 

この世にあってはならない者の名だ!

 

 

遠くから「何か」がこちらを見ている気配がする。

間違いなく「何か」が機会を伺っている。

 

…はるか後ろから絶叫する子供の声が聞こえた。

 

「お母さん! お母さん!」

 

 

 

ダメだ。

本当にすまない。

見なかったことにするしかない。

聞かなかったことにするしかない。

オレにはもうどうしようもない。

「名前」を呼んでしまったのだから。

 

「ああーッ! あああぁぁーッ!」 

 

暗い夜道に子供の泣き声が聞こえるばかり。

 

 

 

f:id:thousand_one:20170222035026j:plain